【高速道路】降り口やジャンクションで方向を間違えた時に知っておくと便利なこと

今年のゴールデンウィークにテレビでやっていました。

ワタシはたまに間違えます

よく高速道路を使うのですが、気を抜いていたり、話していたりすると
行くべき方向に行きそびれてしまうことが何度かありました。
ジャンクション(以下JCT)で方向を間違えたり、
降りるべきインターチェンジ(以下IC)で高速道路を降りそびれると
相当悔しいです。

今までは

次のICで一度降り、またそのICで乗りなおすということをやっていました。
間違わなければかからなかったお金と時間が無駄になっていました。

TVでやってたこと

間違ってしまったと気づいたすぐのICに向かう

一度降りることになりますが、出口はETC専用ではなく、一般のレーンに行く
その時、ETCカードを使用している場合、レーンに行く前にカードを抜いておく。
(カードを入れると料金が決済されてしまいます)

一般レーンの料金所スタッフに降り口、もしくは方向を間違えた旨を申し出る

特別転回券というものを発行してくれますが、料金所によってはその券がない場合もあります。
なので、とにかく料金所スタッフの指示に従いましょう。

↑↑youtubeでこんな動画がありました。

まとめ

これで高速代だけは無駄にならなくて済みます。
もっと早くからこのことを知っていれば、無駄が減らせたのに・・・

いつか自分が慌てないために覚書として記事にしました。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク