スポンサーリンク

ベタベタを直そうとして失敗の巻

アルファロメオの内装のベタベタがひどくなってきました。

フェラーリもよく内装のベタベタの話があると聞いていましたが、
アルファロメオにも同じような症状が起こるようです。

原因は経年劣化のため

うちのアルファロメオは製造から13年程経っている車両です。
ずっと車庫保管されている車両ではないので、劣化は免れません。

ちなみに運転席のドアのスイッチ部分です。
他にはコンソールボックスなどもベタベタしてきています。

まだ、べたついているだけですが、酷くなると
手や洋服に塗料がついてしまうので非常に困ります。

購入時には助手席側と後部座席のドアのスイッチ部分がベタベタし、
手に塗料が付いてしまっていたので、
当時、購入店で対策してもらっていましたが、
今となっては購入店があまりにも遠すぎるため、
ダンナが自分で対策をすることにしました。

ネットで調べていろいろ試してみる

ダンナがネットでベタベタ対処方法を検索すると
いくつか出てきました。

無水エタノールと重曹で落とす。

なぜかワタシが無水エタノールを持っていたので、大胆につけ置き。

数時間つけ置きして、こすってみました。
少し落ちましたが、これは時間がかかります。

即効性がないとすぐあきらめるダンナは他の方法を探します。

マジックリンがいいらしい

よくキッチンの換気扇やガスレンジの掃除に使う油汚れに強い
マジックリンがいいということで・・・
これも家にあったので使ってみました。
普通の油汚れではないので、マジックリンをつけてサランラップで巻き、
ビニール袋で封入して50度のお湯で湯せんしてみました。
年末の主婦雑誌の掃除特集に必ず載っている方法です。(笑)

しかし・・・感動するような落ち方はせず・・・

まあ、なんにしても地道にコツコツやらないとダメってことなのでしょう。

せっかちなダンナはやっぱり塗装はがしを使う

最初から塗装はがしを使えばいいのですが、
シンナー臭くなることを避けたかったので、他の方法を試しました。
しかし、他の方法がいまいちだったので結局塗装はがしを使いました。

しかし、とけるのが早く、塗装部分がドロドロな感じになってしまいました。
これ以上、やったらベタベタ部分以外もとけちゃうんじゃないかと思い・・・

ギブアップです。(;^_^A

やる前よりやった後の方が汚いです。(-_-;)

 

ただ、ベタベタはなくなりました。

教訓

最近DIYとか流行っていますが、不器用な人は自分でやるより
プロに頼んだ方が安上がりかもしれません。
しかも仕上がりも格段にキレイなことでしょう。
今回は大失敗です。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました