スポンサーリンク

AlfaRomeo156GTAの車検

この記事は約2分で読めます。

先日、うちのAlfaRomeo156GTA車検を受けました。

今回出てきた不具合は?

ドライブシャフトブーツが破れていました

確か、2年前の車検時にもドライブシャフトブーツが破れていて、交換した記録がありました。

そんなに頻繁に破れるものなのか?と思い、聞いてみたところ、前回は片側を交換、今回はそのを交換したとのことでした。

ミッションオイルが漏れていました

詳細は聞いていませんが、漏れた部分を修理してもらいました。

ブレーキパットがかなり消耗していました

前輪部分のブレーキパッドが減っていたので、交換しました。

アルファロメオ156GTAはフロントが重いので、前輪に負荷がかかります

これは消耗品なので定期的に交換が必要になるでしょう。

ただ、交換頻度が多いと困るなぁ~と思います。

不具合じゃないけど、やったこと

オイル交換

走行距離が5,000㎞ごとのオイル交換が推奨されていると聞いていましたが、すっかり忘れていました。

実際は前回から10,000㎞近くで、ほぼ1年オイル交換をしていませんでした。(;^_^A

意外と平気?だったのか・・・ヤバかったけどギリギリセーフだったのか分かりませんが、気付いて良かったです。

タイヤのローテーション

ブレーキパッドの交換のところで書きましたが、アルファロメオ156GTAはフロントが重いので、ブレーキもですが、タイヤも前輪が消耗します。

今回の車検で前輪が減ってきていたので、後ろのタイヤと入れ替えました。

ブレーキの修理時にタイヤを外すのでついでにお願いしました。

今回の車検で思うこと

ダンナが今回の車検はやることはないと言っていたのですが、実際に車検を受けてみたら、車検を通すだけでは済みませんでした。

やはり、古いクルマなので何かしら出てきますね。

次回は、タイミングベルトを交換しなければならないかもしれませんし・・・(;^_^A

アルファロメオのV6のタイミングベルト交換はとても厄介なのです。

次回もGTAに乗るなら、お金を貯めておかないといけませんね。

ひとまず、車検が通って安心しました。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. おざちゃん より:

    こちらこそ!
    これからも更新を楽しみにさせてただきます。
    どうぞよろしく!
           (更新プレッシャをかけるわけじゃありません。(^-^;)

  2. おざちゃん より:

    こんばんは。
    最近、貴ブログにたどり着き、更新を楽しみに拝読させていただいております。
    私もGTAに20年近く前に乗っていたので、今回懐かしく読ませていただきました。
    当時は並行輸入で(いずれも正式な呼び名を忘れてしまいましたが)ワゴンで色はパールレッド特別色、セレスピード(?だったかセミオートマ)でした。
    ディーラーさんが非常に信頼できる良心的なショップで、私は全く気付かなかったのですが、納車の1か月後くらいに何かの不具合で入庫したら「左右のライトが左側通行に合っていない」と半年くらいかけて原因追求と部品輸入をしてくれて、新車がいったん納車されたのに半年間別居していたという特異な経験をした、思い出深いクルマです。
    クルマとしては非の打ちどころのない「イタリア車」を体現してくれた最高に楽しいクルマでしたが、シートが堅過ぎて、30分も座っていられない「座布団不可欠車」でもありました。(笑)
    2年ほど乗り、そのディーラーさんに探してもらっていたフェラーリ412が見つかったので手放しました。
    ちょっと残念でした。
    実は貴方と縁ができたのは、そのディーラーさんから再度フェラーリ
    400iを購入できたので、同じようなご趣味をお持ちの方を探した結果です。
    フェラーリからつながりを持ちことができ、GTAに至ったのも感慨深かったです。
    こちらの勝手でスミマセン。
    これからも更新を楽しみに待たせていただきます。
    よろしくお願いいたします。
    以上です。

    • pyoinpinpyoinpin より:

      「おざちゃん」さま
      サイト訪問とコメントを、ありがとうございます。

      元GTAオーナー&現フェラーリオーナー様だったのですね。
      ワタシのブログで懐かしんでいただけたのであれば、嬉しく思います。

      >シートが堅過ぎて、30分も座っていられない

      うちの156GTAも長時間運転していると腰が痛くなるので、数年前にレカロシートに変えました。

      ブログの更新も不定期ですが、また機会があったら読んでみてください。
      今後とも宜しくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました