スポンサーリンク

これは想定外なんですけどぉ~

この記事は約3分で読めます。

M3の調子が悪くて、328の主治医に一時入院しました。

今回お借りした代車

そのときに代車をお借りしたのですが、その代車というのが
シトロエン ZX というクルマでした。

初めてフランス車に乗ります

ワタシもダンナもフランス車というのは初めてで、主治医の社長が、

タイヤが丸いって言うのがよぉ~~くわかるクルマだよ

と、言って貸してくれました。

タイヤが丸いって??

シトロエンファンの方には申し訳ないですが、どこから見てもどうってことのない普通のクルマです。

しかし、公道を走ってみたら、イヤイヤ・・・すごいのなんの。

タイヤが丸いっていう意味がわかりました。

凸凹道が・・・フラットに感じます。

要はシートとサスペンションがいいんです。

フワフワしてます。

ダンナがとても気に入ってしまいました

これはダンナがとっても気に入ってしまいました。

フワフワしてるんだけど、シャーシがしっかりしてて、フニャフニャではないんです。

カーブでもロールしません。

ダンナ
ダンナ

以前乗ってたアルファロメオ156より、剛性しっかりしてるかも・・・

と、ダンナが言ってました。

意外とフランス車侮れんかもしれません。

しかも乗ってて全然疲れないし、揺れないし・・・

ダンナいわく・・・

ダンナ
ダンナ

面白れぇ~~(*^▽^*)

見た目、どうってことないクルマですが・・・・シトロエン好きな方何度もごめんね。<(_ _)>

ダンナのツボにはまってしまいました。

その日は、あちこち走りまくり・・・代車なのに・・・(笑)

翌日、ダンナ、うれしくなって洗車してました。代車なんだけど・・・

しばらく、このクルマで楽しめるかと思ってたんですけど、ドアの不具合で別の代車と交換になってしまいました。

ZX熱が冷めやらず

それから、このクルマには乗ってないのですが、そのせいか、フランス車の本、買いまくっていました。

こんなにいっきに買いあさり・・・

328の主治医の社長いわく、シトロエンは昔のクルマがふわふわしてて、
最近のはドイツ車っぽくなってしまってるらしい。

でも、最近のはC5、C6みたいな大きいタイプのものなら足はいいってことでした。

あとシートはルノーがいいらしいですね。

それを聞いてダンナ、いろいろ本とか読み漁り、
シトロエンのエグザンティアがいいかも・・・ってさ。

エグザンティアって、フェラーリ本書いてる清水○一氏が乗ってたんだよね。

今も乗ってるのかな?

やっぱ全然疲れないらしいですね。

北陸の継ぎはぎの多い道にはこのクルマは合っているのかもしれませんね。

でもさ、北陸でシトロエン乗っている人は、すごく少ないようです。
この土地にあっていると思ったんだけど、なんで乗ってる人が少ないのかなぁ~

いつか

ワタシ達もそうだったように、きっと乗り心地を知らないのでしょうね。

それにしても、こんなにダンナがシトロエンにハマるとは・・・(;^_^A

今すぐは無理だけど、数年後、M3か、軽自動車がシトロエンに変わっているかもしれません。

ただし・・・その時にまだ北陸にいたらの話です。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました