アルファのオイル交換に行ってきました。

先日、ALFA ROMEOのディーラーにオイル交換しに行きました。

GTAになってから、ディーラーでのオイル交換は初めてです。

今まではMOTUL

北陸時代はお世話になっていたクルマ屋さんがMOTULを使っていたので
そのまま、MOTULでした。
フェラーリもMOTULでした。
こういうのはこのブログを読まれている方の方が詳しいと思いますが、
MOTULはフランスのメーカーです。

化学合成のオイルで、
「高温時の粘度変化が少なく、油性を保持し、燃料希釈を低減。
オイルが酷使されるサマー・シーズン等で威力を発揮します。」
いうことです。

アルファのディーラーはSELENIA RACING

ディーラーはSELENIA RACINGというイタリアのメーカーを使っているようです。
セレニアレーシング写真_ganbatte-ferrari

このセレニアレーシングも化学合成オイル
「ヨーロッパの過酷なコンペディションでの使用を目的に開発された
SELENIAのトップグレードエンジンオイルです。

ハイパフォーマンスを知り尽くしたスペシャルブレンドが未知の世界へと導きます。
モータースポーツ等、厳しい条件下でも高い出力特性を発揮する100%化学合成オイル。
スポーティドライブをする方に特にオススメです。」とのことです。

でも、実際どっちがいいのかな??

メーカー純正指定オイルなのでSELENIAかなぁ~とも思いますが、
ダンナ的にはMOTULの方が良さそうな感じと言ってました。
今は夏場で暑いですから、サマーシーズンで威力を発揮するという
MOTULの方がよく感じるのかもしれません。
ディーラーではSELENIAは冬に強いと聞いたので、
冬まで待ってみますか。(笑)

両方試してみた方、いらっしゃいましたら感想を教えて下されば
参考になります。
是非、コメントお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. MOTUL使用者 より:

    初めまして。
    いつもブログを楽しく拝見しています。
    私はサーキット走行などもしているのですがMOTULは高温下での粘度維持に優れています。それとオイルと言うのは一度高温下で使用するとオイル温度が冷めたときに粘度が低下してしまうと言う事がありますがMOTULはその様な仕様をしてもオイル温度が下がると粘度も戻ってくれる傾向にあります。
    また夏と冬で銘柄を変えることをご計画されているようですがそれは避けた方が良いと思います。オイルには色々な添加剤が入っていますがそれはメーカー毎に異なりそれを混ぜることは良くないと聞きます。もし夏と冬で変えられるなら同じMOTULでオイル粘度を変えられるのがベストかと思います。

    • pyoinpin より:

      MOTUL使用者さま
      コメントありがとうございます。
      MOTULの特性、わかりやすく解説して頂き、助かります。
      夏と冬でオイルを変えるということではなく、
      中古で購入してからずっとMOTULでしたが、
      たまたま引越し先にディーラーがあったので、ディーラーでオイル交換したら、銘柄がセレニアレーシングだったので、違いはどうなのかと思ったのです。
      セレニアは冬の寒さに強いと聞いたので、
      今のままで冬まで待ったら良さがわかるかなということです。

      ただ、あっちもこっちもというふうにしないほうがいいのなら、一つの銘柄に統一したほうがいいですね。

  2. ファーザー より:

    こんばんは。
    車検などの時はディーラーでオイル交換してもらいますが、銘柄は・・・何だろう。
    多分、メーカー指定のいいものだと思いますが、銘柄はまじまじと見た事はありませんが、2つの内のどちらかもしれません。

    ですが、それ以外はオートバックスの使った分だけ払う奴ですねー。
    前はよく分からずいいの選んでましたが、試しに入れたらいつもと特に変わらなかったたので(^_^;)
    とても安いですが、普通乗りなので必要にして十分以上の性能はある様でした。

    • pyoinpin より:

      うちの場合は以前、BMWで失敗しているので
      クルマ屋さんが使っている銘柄が一番安心だとディーラーか
      信用できるクルマ屋さんでオイル交換してもらうようにしました。
      あとは、乗り手の使い方などもあるので、一概に言えませんよね。
      以前、〇ートバックスで断られたというのもあったりします。(^_^;)