アルファロメオ156GTAのその後のその後

ようやくアルファの修理もクラッチを残すところとなりました。

その時の記事はこちら ⇒ 「156不動につき・・・(´Д`;) 」

「アルファロメオ156GTAのその後 」

クラッチはどこが悪かったか?

エア抜きをしましたが、やはりダメだったようでした。

次に考えられるのはクラッチのバイブレーションダンパーという部品の気密不良。
この部品を交換しました。

アルファロメオ156GTAのクラッチは

油圧なのでこういうダンパーが付いています。
ワタシはこの時はじめて知りました。

ちなみにうちにあるフェラーリ328のクラッチはワイヤーなので、
こういうことは起こりにくいと思われます。
最近のクルマは複雑です。(^_^;)

何回かテスト走行をして不具合が出なかったので、
ここで一旦終了です。

今後の課題

もし、またクラッチが戻らないことがあったら
次はミッションを降ろすことになりそうです。
そうなるといくらかかるか・・・・・Σ(|||▽||| )ガーン

他にちょっとトラブりましたが、帰省には間に合いました。

もう、トラブルがないことを祈ります。

alfaromeo156GTA_ganbatte-ferrari

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク