スポンサーリンク

らんぼるぎーに みうら??

この記事は約2分で読めます。

今日、会社でインターネットのニュースを仕事の合間に見ていたら、

 

こんな写真があったのです。

 

Newミウラ1_ganbatte-ferrari

 

Newミウラ2_ganbatte-ferrari

ん??

 

これって・・・・・

 

 

 

 

ランボルギーニミウラに似てない?

 

ミウラって言っても知らない人のほうが多いかも・・・

 

大昔流行ったらしい「サーキットの狼」世代の人なら

わかるはず。

 

 

↑これ

 

ワタシは「サーキットの狼」は読んでないから知らなかったけどね。(^-^;

 

 

 

ダンナがフェラーリと同様に憧れを持っていたミウラは・・・

 

 

これ ↓

ランボルギーニミウラ_ganbatte-ferrari

似てるけどなんか違うなぁ~

 

 

で、写真クリックしてちゃんと記事を読んでみました。

 

 

どうやら・・・

 

デトロイトモーターショーにランボルギーニが出展した

コンセプトカーらしい。

 

【デトロイトモーターショー06】ランボルギーニ ミウラ、現代に復活 | レスポンス(Response.jp)
ランボルギーニは歴史に残る車名『ミウラ』を復活させ、2006年北米国際オートショー=通称:デトロイトモーターショーにコンセプトカーとして出品する。初代ミウラをベースにしたレトロインスパイアなデザインスタディだ。

 

帰ってからダンナに話したら、

 

 

 

ダンナ「やっぱりミウラ

   復活したんだぁ~!!\(^o^)/」

 

 

 

 

ワタシ「でもさ、コンセプトカーらしいから、商品化されないんじゃないの?」

 

 

ダンナ「商品化したほうがいいと思うよぉ~(*^_^*)

 

 

 

 

 

商品化したほうがいいって言っても・・・・(^_^;)

 

ダンナとしては現代版のミウラが市場に出回るのを期待しているみたい。

 

 

古いミウラも現代版のミウラもどっちも高すぎて手には入らないんだけどね。

 

夢は大きくかぁ~・・・・

コメント

  1. jigen より:

    サーキットの狼世代です(爆
    ロータスに憧れ、フェラーリディノやポルシェのプラモもいくつ作ったか・・・
    どちらかと言うとイオタ好きでした。
    固定式ライトはイオタと憶えてました。
    でも、今回のミウラのライト固定式ですね。だから、イオタ?
    分らない話してすいません。。。

    • pyoinpinpyoinpin より:

      jigenさんはイオタが好きなんですね。うちのダンナもイオタ好きみたいです。ミウラを買ってイオタに改造するのが夢だそうです。あくまで夢なので・・・(笑)

  2. unikuru より:

    限定で出るのでは、、ないですかね。。。
    何台になるか、わからないですが???
    出そうですよね???

    • pyoinpinpyoinpin より:

      やっぱり出ますかねぇ??

      市販されたら話題になりますよね。(笑)
      私としては限定でも復活したらいいなと思います。

  3. のりっく より:

    ミウラのデザインはオリジナルの雰囲気を良く残しつつ現代流にすっきりと仕上げてあって、かなり良い感じですね。これに近い感じで市販されたら良いですね。
    最近は、ロータスもヨーロッパを復活したりしてますが、こっちは何だかインテグラとNSXがくっついたみたいでイマイチに感じてしまいます…。

    • pyoinpinpyoinpin より:

      こんにちわ。
      ミウラが復活したら、世のスーパーカーファンは喜びそうですね。
      ロータスヨーロッパもニュースで出ていましたが、昔の面影が全然なくてちょっと残念ですね。昔の面影残しつつっていうのがファンの心を揺さぶるのでしょう。きっと。

タイトルとURLをコピーしました